日本催眠医学心理学会

*

HOME>日本催眠医学心理学会第61回大会(第2号通信)

日本催眠医学心理学会第61回大会(第2号通信)

大会テーマ 「催眠とオリンピック」

 日本催眠医学心理学会第61回大会のお世話を承ることになりました。今からさかのぼること13年前、2002年9月20日から22日の間、日本催眠医学心理学会第48回大会(長田一臣大会長)が日本体育大学世田谷校舎で開催されました。その当時はエレベーターもなく旧態然とした古い校舎での開催ということもあり、参加して下さった先生方にはご不便をおかけしました。本大会は全て一新した校舎での開催となります。

 本61回大会では例年行われている催眠技法研修会、一般の口頭発表に加え、ポスター発表を準備したいと考えております。そして、シンポジウムとして「催眠とスポーツ」というテーマのもと成瀬悟策先生、坂入洋右先生、山中寛先生にご登壇願いご自身の経験、これからの催眠の方向性について語っていただければと考えております。また、本学理事長松浪健四郎の特別講演を予定しています。

 催眠に興味をお持ちのできる限り多くの皆様にご参加頂けるよう願っております。

日本催眠医学心理学会第61回大会
 大会長 楠本恭久

○ 日本催眠医学心理学会第61回(第2号通信)

  PDFファイル
第2号通信 PDF

Topへ戻る