日本催眠医学心理学会

*

HOME>大会・研修会のご案内(第64回大会)

日本催眠医学心理学会第64回大会のご案内

長谷川明弘(東洋英和女学院大学)

本学会第64回大会は、東京の六本木で開催する運びとなりました。

日程は、2018年11月23日(金・祝)~11月25日(日)です。会場は、東洋英和女学院大学六本木校地です。会場は交通の便が良い所です。会場近くには六本木ヒルズや六本木ミッドタウン、新国立美術館といった施設やスポットが点在しています。会場内からは東京タワーを垣間見ることができます。会場前の鳥居坂を上れば華やかな街である六本木に向かい、鳥居坂を下りると古き良き商店街の面影が残る麻布十番があります。

このように今回の大会では、明るい内の研鑽と日が沈んでからの相互に語らいながらの学びの機会としての絶好の地の利となっています。

大会テーマは、Renaissance (ルネサンス) としました。長年にわたって催眠が研究面でも臨床実践面でも医学、心理学、歯科学などの各領域から取り組まれてきました。しかし近年の特に国内での停滞気味な現状を見つめ直し、再び催眠が各領域への貢献に寄与する契機となるような大会にできればと願ったテーマです。大会には、大谷彰先生 (メリーランド州Spectrum Behavioroal Healthサイコロジスト) を米国から招きます。大谷先生には、催眠とマインドフルネス、そして トラウマといったテーマで研修や御講演を御願いしたいと交渉を始めています。

実行委員は、関東圏に在住の会員を中心に編成され、これまでの大会長経験者が複数含まれるだけでなく、開催会場が社会人大学院であることもあり、意欲的な大学院生が第1回の実行委員会から加わっていてくれています。学術大会ならではの口頭発表に加えて、大会企画のシンポジウムを開催予定です。仮想現実 (Virtual Reality:VR) を取り上げた、何らかの実演を織り交ぜたシンポジウムの機会を持てないかと考えているところです。会員の皆さまが2018年11月23日~25日に、東京・六本木で開催される学術大会・研修会に足をお運び頂くことを一同お待ちしております。さらなる詳細については随時Webにてご案内申し上げます。

大会概要

○ 大会テーマ:Renaissance (ルネサンス)
○ 会期:平成30年11月23日(金・祝) ~ 11月25日(日)
○ 会場:東洋英和女学院大学六本木校地

Topへ戻る