日本催眠医学心理学会

*

HOME>大会・研修会のご案内(第65回大会)広告・出展のお願い

第65回大会の抄録への広告掲載、および大会開催日における出店の依頼

日本催眠医学心理学会第65本郷大会
大会長 東洋学園大学 鈴木義也

この度、日本催眠医学心理学会は、2020年2月1日(土)~ 2日(日)の2日間、東京都文京区の本郷にある東洋学園大学にて、第65回大会を開催することとなりました。
日本催眠医学心理学会は、日本心理学会、日本応用心理学会に次いで昭和31年(1956年)10月15日催眠研究会として設立された日本の心理学関連の学会としては3番目に古い学会といわれています。

具体的な活動としましては、年に 1回の学術大会、およびそれと前後して行われる催眠技法研修会のほかに、最近は米国から講師を招いた特別研修会を開催しております。その中でも年次学術大会は活動の主軸であり、全国の病院・クリニック、大学に所属する医師、歯科医、臨床心理士といった会員が一同に会し、催眠学の実践について活発な議論が行われております。

第65回大会テーマは『催眠の発見〜その臨床利用〜』とし、研修会、演題発表、成瀬先生追悼シンポジウム、「催眠の発見」の連続シンポジウム(自律訓練法、動作法、NLP、EMDR、催眠)を企画しています。
大会ホームぺージ http://conference.wdc-jp.com/jshypnosis/2020/

つきましては、大会の趣旨をご理解いただき、発行される抄録集プログラム(1,500 部)への広告や、当日の出展をもってご協力を賜りたくここにお願い申し上げます。

日本催眠医学心理学会会員の皆様

今回は、会員の方に対しても、抄録集への広告掲載を広くお願いすることにしました。ご自身の関係する医療・相談機関や出版された著作の広告を是非お寄せください。全会員に告知され、相互の交流となることを期待しております。

大会抄録掲載料(税込)

表4(裏表紙) (白黒 広告サイズ:W180mm×H255mm) 40,000円
表3(裏表紙内) (白黒 広告サイズ:W170mm×H250mm) 30,000円
記事中1頁 (白黒 広告サイズ:W170mm×H250mm) 25,000円
記事中1/2頁 (白黒 広告サイズ:W170mm×H120mm) 12,000円

 出展料:(1日でも2日間でも)1テーブルにつき 15,000円(税込) 広告とセットだと10,000円(税込)

広告・出展申込先

日本催眠医学心理学会第65回本郷大会事務局
〒162-0801 東京都新宿区山吹町358-5 アカデミーセンター日本催眠医学心理学会大会ヘルプデスク
E-mail:jhs65hongou@gmail.com(メールアドレスの@マークを半角に変えて送信願います)
広告ご入稿期限: 2019年12月2日。入稿方法詳細については別途ご案内いたします。
発行予定日:2020年1月15日前後 *ご協力先には一部ご送付いたします。
出展搬入日:予めお問い合わせください。

Topへ戻る